第13回公演になるそうです。
下北沢ゲキ地下リバティにて。
お客さんいっぱい入ってた!
久々のお魚は、今まで観た中で一番わかりやすかった。
ストーリーも役者の芝居も。
一本筋が通った感じ。
言いたいことを伝えようという気持ちが見えた、と言うか。
わかる人だけわかればいいという作り方もありかもしれないけど、私はやはりわかってもらうにはどう伝えたらいいか、が考えられた舞台の方がいいんじゃないかな、と思う。
まさかの二部構成風なのは面白かった。ただ、言いたいことが多分多すぎたんだろうけど、テーマが散漫になってしまった感があった。
出征前の若者達の青春を描きたいのか、戦争の虚しさを描きたいのか、戦地に赴かなければならない憤りを描きたいのか、死してなお、受け継がれる意思もあることを伝えたいのか、そんな思いを繋いだ現代に生きる子供たちへのメッセージを伝えたいのか、もう少し整理して、明確に、ダイレクトに、作ってもいいんじゃないかって、思った。
2時間弱、下ネタや笑いも交えて、最後はいい話に持ってって、なかなかよかったと思います。本当に。
私を寝かさなかっただけですごい(^_^;)
役者さんも等身大の熱がこもってて、リアルでした。
小劇場には、商業演劇にないパワーがあるし、まだまだたくさんの可能性を秘めてると思うので、頑張って欲しいんだなあ。

 面白かった。いっぱい笑った。深かった。
地方回ってまた東京に戻ってくるから、ネタは言えない。
しかし、久ヶ沢さんサイコー!全員すばらしかった。息も合ってたし。
コバケンの笑いは哲学的なのよねー。

20101017_2047683

お昼はおじやんカフェで鳥南蛮定食。
お会計しようと思ったら財布がない!
焦る。
しかしお金の入ってる封筒がチケットホルダーに挟まってた。
よかった。

20101017_201340_55.0mm_F-7.1_ISO400_EV0.0_PENTAX

我が家の夜ご飯はお刺身。
k-xで撮るもんなくて、やっとまともに撮ったのがこれさw
オートで撮ったらストロボ焚かれた。
手前の山にピントが合って、後ろの方のエビとか湯飲みが微妙にボケてるという。。

昨日、10年目のshock、無事に開幕しましたねー。
長丁場、頑張って!座長!

今回のリカは佐藤めぐみちゃん。
A子!
銀のエンゼルから勝手に親近感持ってますけど。
スタイルよし。
芝居よし。
歌、ちょっと厳しい。
踊り、ピルエット頑張ろう。
周りが踊れる人ばかりなので少々目立つ。
振りは綺麗に入ってるから、あとは技術面の問題だと思うんだよな。
オーナーは、秋山くん、大倉くんと続いた若手から代わって少年隊の植草かっちゃん。
リカの父親という設定。
初日からガーデンシアターをゴールデンシアターと言い間違えるハプニング発生!(笑)
カテコでのフォローも楽しかったけど。
本人凄く恐縮してたけど、和やかなムードでしたよ。
タッキーとニッキが観に来ててカテコでご挨拶。
ニッキ近所のおっさんみたいと突っ込まれてた。
屋良っち、いいわ〜。踊りもしなやかで、キャラもわかりやすくなってたと思う。
それにしてもMA全員顔黒くなくね?
まずは千秋楽までみんな怪我のないように!頑張れ〜。
さてWS編集しよ。

2幕。休憩15分入って2時間40分。
速報、プロデューサーズ来年2月再演@国際フォーラムC
見たとこメインキャスト変更なし。
パンフA4、1500円。

予定より+10分。
とりあえず、、、真っ暗闇は超怖いっ(>_<)



http://www.teamnacs.com/ghooooost/
初日ソワレを観てまいりました。
初日なのでもっとドタバタするかと思ったけど、想像以上にまとまっててよかったよかった。と思います。
回を重ねるともっとテンポが出てよくなるかな?
ストーリーは、まったくシゲらしいというか(笑)
ネタがわかる人にはわかるけど、わからない人には全く解らないかもしれない。
だってさー、私も欲しいもん。今でも欲しいもん。音尾ちゃん(違)
わかる年代とわかる嗜好の人ならばっちりツボにはいると思う。
パンフはB5サイズで1500円。
上演時間は休憩なしで2時間10分。
パンフは先に読んでもいいけど、後から読む方が「あ、そうか!」と思って楽しいかもしれない。そいでまた観たくなるかもしれない!
観てるこっちは、二瓶さんにそんなことやらせていいの〜〜!?畏れ多い!!なんて思いながらの観劇なので、笑っていいのか悪いのか戸惑うところもあり。
良くも悪くも小劇場向き。万人受けを目指してないっぽいところも、まあ、よいのではないかしら。らしい。
当たり障りのない話を書かれるよりはずっといい。
オチはちょっとクドかったかなあ。
まんまと泣かされたけど(^^ゞ
基本的に悪人がいないんだよね。いいなあ。
何にでも魂が宿っているという考え方は凄く好きです。
それを説明しようとしてクドくなってるのかなあ。

音尾ちゃんは芸達者。流石。
芝居がどうよくなっていくのか楽しみな舞台ですわ。
ただ、もうちょっと整理すればあと30分は削れると思うし、テンポも出ると思うので、そこが残念。

当日券も出してるみたい。

夜の部終わったあとは紀伊国屋書店、高島屋タイムズスクエアが締まるのでエレベータが大変混みます。要注意。
非常階段も開放して欲しいな〜〜。
ロビー狭いです。アンケート書くスペースなんてないぞ(笑)

宝塚の括りとも違う気がするけど、、どうでしょ。
一応芝居のカテゴリに入れておきます。
チャルさん目当てで行きましたが、思ったよりよかったです。
まとまってた。
しかしキムシン説教臭い。&くどい。
衣装はレース使いが素敵でした。

とりあえず、チャルさん好きな人は観た方がいい。
観るべき。
存在感素晴らしい。歌迫力ある。金のスターブーツも似合ってる。髭もグー!
男性客の歓声と拍手に応えるチャルさんのそりゃもう素敵なこと〜。
分野違いの方達の心に残ったかしらと思うと嬉しいわ。

続きはあとで。


オクイさんプレセンツ。
コントなのか芝居なのか、、もう笑い過ぎてヒーヒー涙出ちゃって可笑しすぎて、何が可笑しかったのか、わからないっす!
オクイさんと久ケ沢さんのタンスの中のネタとか、パン職人ネタは、思い出すだけで頬骨の辺りが痛くなってくる(笑)
何て言ったらいいんでしょう、あの一種独特なシュールな空間。
出オチみたいな部分もあって、言葉では言い表せません。
クセになる面白さ。
ネタとネタの間に挿入される映像も凝っていて奥深い。
どこまでが台本で、どこからがアドリブなのか、、毎日通って確かめたくなってしまうよ。
次回も行っちゃうよきっと。
年末にはサモアリナンズの舞台。
秋にはTOKIOの松岡主演の舞台に久ケ沢さんが出るのでうっかり券取ってしまいますた。
芝居はハマると危険なのね〜。

芝居の後、くん姉の知り合いの人が脱サラして開いたお店に連れてってもらう。
レゲエ音楽の流れるおしゃれなお店。
ひとりでも大丈夫そう。。お酒種類が多くて楽しい&美味しい。
食べ物も美味しい。
今度はおでんね。
良い場所を教えて頂きました。(L風に言ってみる)
お手洗いの水道の蛇口にカメ。
可愛いのぉ。


脳内DISCO[bug]
脚本・演出:オクイプレジデント
出演:オクイシュージ/久ケ沢徹/広岡由里子/わかまどか/佐藤貴史
http://www.qc-3.net/


倦怠期の夫婦。子供は5人。傍目には家庭円満に見えるけれど、夫は妻を女と見ておらず、夜な夜なこうもりの羽を付けて遊びに行ってしまう。
友人の勧めで妻も変身(変装?)してクラブへ出かけていく。
その姿に夫は妻と気付かず惚れてしまう。

妻ベラ役、フェリがとっても可愛くてチャーミングでした。
前半の主婦もいいし、変身したコケティッシュな美女もよかった。
横乳が柔らかそうで、、触ってみたい、、と思ってしまった私は既にオヤジ。。
旦那ヨハン役、テューズリー、うさん臭くてステキ〜。
やらしいヒゲも似合う。
このまま怪傑ゾロの扮装してもらってもアリ。
空を飛んでる脚の動きなんかが細かくてなんか可愛い。

友人ウルリック役、小島君、踊りが安定しててブラボーでした。
急な代役だったようですが全然危なげなく、、プロだな〜〜。

曲も耳なじみがあって、話がわかりやすくて、バレエ初心者でも充分理解可能かと思いました。
プティの振付は変わってるけど奇天烈で難解な振りではないので面白いです。
カンカンはもう少し色気が欲しかったかも。
フェリは前回殆ど観えなかった記憶が強くて(ロミジュリ)やっとリベンジ果たせた感アリ。
いや〜〜んも〜〜〜スキスキ〜〜〜!


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM