昨日。クレイジーフォーユー静岡公演千秋楽。

凄く楽しかったです。

朝はマジレンジャーに合わせて7時半に起きたつもりが、静岡は放送時間が東京と違ったのね。

7時半からは響鬼で一週遅れでした。

観ちゃったけど(笑)

ご当地ライダー紹介だけは新しいのだった。

何故じゃ。

午前中は登呂遺跡へ。

暑い。

道具凄いよねー。と感心。

CFY相模大野も電話が繋がり取れる。安心。

駅に戻り東京からの友人と合流。

終演後はバスセンター近くでお茶。

私の復路がぷらっとこだまの為、時間潰しも兼ねてCFYのラッピングバスを探すけれど、結局出会えず1時間半。

この間ずっと四季話(笑)

こだまで東京へ。

この間ずっと四季話(笑)

凄く楽しかった。ありがとうデス。

加藤さんのボビーは今回が最後かもしれないなあ。

あーちゃんのポリーは歌は良かったけど顔が怖かった。ドレスの裾振り回し過ぎ。途中のワンピはしかたないにしても最後のドレスはもう少しエレガントにして欲しかった。

同行のBさんの影響か、西尾さんチェックに終始する私。

ちょっとムッツリぽいサム面白かった。金髪可愛いし。

女の子に真っ先に反応するところがいいわ〜。

関東公演もこのカンパニーでお願いします。

んーでもボビーは荒川さんになるかしら。

どっちも好きだけど。

2日目はヒナさんが具合が悪くお会いできなかったのが非常に残念。

また9月にお会いしましょう!



帰宅後真っ先に響鬼29話。

ヒビキさん背中で語ってますなあ。

正直泣けた。

弦師弟もこのペースでいいから継続的に出ていて欲しい。

大石さん元々脚本家じゃないそうですけど、いいホン書くと思うな。

高寺Pが赤を凄く入れるというのは本当なんだろうかね。

半分以上大石さんが書いてるような。

きださんが発砲さんの方で忙しいからしかたないのかなあ。

(当初はTEAM発砲・B・ZIN主宰のきださんがメインライターって話だったはず・・)

きださん筆遅いのはしかたないけど〜〜三谷さんも大河頑張って書いたんだからきださんも頑張ってよ〜〜。

次週から路線変更の噂もあって気が気じゃありません。

自分がネットに毒されて振り回されてるだけだと思いたい。

杞憂で終りますように。



http://inu4989.hp.infoseek.co.jp/img/photo/050828/shizoka.html

今日は四季のCFY静岡公演の前楽と楽です。

凄く好きな演目で観ると必ずハッピーになっちゃう。

ガーシュインの音楽も好きだしストローマンの小道具を使った振付が絶妙。

前回四季劇場でやった時は行かなくて日生劇場ぶりだから何年前だろう?

オープニングで泣かないようにしないと(^_^;)



今朝は劇場版響鬼の特番(つまんなかった…)を観てBShiでやったオクラホマ!がちゃんと録れてるか確認。

おーいいぞヒュー・ジャックマン!

ぐるナイに洋ちゃんが出たのも観る。

自腹切って欲しかった!(鬼)

ああそうさ鬼だよ(笑)

では行ってきます。

静岡響鬼一週遅れなのがイタイなあ。



8月最後のダンスレッスン。

今日でホント最後か思ったら来週もあるわ!しかも90分。

やっぱ75分は短いもん。

これでホントにここでは最後なんだなあ。ちと寂しい。

来週は忙しいなあ。

舞台挨拶掛け持ちしてダンスレッスン行ってそれからマドモアゼルモーツァルト@相模大野。

ひぃー。

がんばろ。



CFY静岡前楽とてもよかったです。2階だったので足元もよく見えたし。

お子様が泣いて気が散ったけど。連れてくんな(怒)

加藤さんは全くボビーに合っている。

あーちゃん歌はいい。けど顔怖いよう。仁王立ち怖いよう。

ドレスの裾捌きに色気がなくて凄かったわあ。

ばっさばっさ。

ポリーのキャラには合ってたかな。1幕も2幕も興奮して涙ぐんでしまったさ。

ガーシュインの曲いいなあ。好き。

ストローマンの振付好き。道具の使い方が上手い。

自然に体が動いちゃう。

端から見たら変な人だなあ私。

広瀬さんのザングラーも素敵でした。

女の為に一財産注ぎ込むってある意味男気だねえ。

明日も楽しみー(^O^)

急に欠員が出たようで、お誘いをいただき行ってきました。

曲は知っているものの、予備知識としては「どっちかと言うと室内楽」「ドロドロの愛憎劇」「大人向け」くらいのもので、ほぼ白紙の状態でした。



いやー楽曲は素晴らしい。役者も、役者の芝居も歌もよろしい。

しかし、何と言うか

半年か1年かけてやる昼のドラマを2時間の総集編にしました!って感じです。

行間を云々・・とか心の機微が云々・・と言われると思うのですが、やっぱり展開早過ぎ。

えええ?今日の今日だよっ!?

とか。

会ったばかりじゃん!

とか。

2回目観たらその「機微」というヤツがわかるのだろうか。

恋愛に関してお子様だからローズの心境が理解できないのかしら。

一番わかりやすいのは15歳のジェニーだった。ストレートで自分を飾らない。

17歳のアレックスとかぶせてるのかなあ。

その「アレックス17歳」にもひっくり返ったけど、若造な石丸さんも見慣れるとグーよ。

最初ローズとアレックスの年齢差がわからなくて戸惑う。

その後、2年後、13年後、とキーワードを探りながら年齢を足していくんだけど最終的にわからなくなった。。

ジョージがおじさんと言うよりおじいちゃんでビジュアル的にちょっとショック。

確かに光枝さんは立ち振る舞いもダンディーだし芝居も歌もいい。

けど、なんでローズもジュリエッタも彼がいいのかがイマイチ見えなくて。

若造のアレックスと比べたら頼り甲斐もあり包容力抜群のおじさまに惹かれるのはわからなくもないけれど。

アツのジュリエッタは自立した女で凄くよかった。

ゆうじさんのヒューゴは、、前髪の分け方がステキでした。

ちゅーかヒューゴという役、わざわざゆうじさんに振るほどの役?大事な役ではあるけれど。



チェックポイント

・女より甥より絵を真っ先に心配するジョージ

・石田純一巻きのヒューゴ

・椅子ごと両手を頭の上でワカメのように振りながらハケていくサーカスの客

・ローズとジュリエッタのレズ疑惑

・葬式でローズさん踊り過ぎ

・場面転換のカーテンのシャーシャーいう音

・合っているのかどうなのか客が不安になる難しい旋律



とにかく次はもうちょっとローズの「孤独に耐えられない女」の部分に注目して観てみようかと。

そうしたら何であんなコロコロ心変わりするのかわかるかもしれないです。



絵画などと一緒で、理解する為にはこっちも勉強しなくちゃならないということかしら。

解らなくてごめんなさい。って感じで。

あとは、解る解らないじゃなくて好き嫌いの問題かもしれないけれど。

私は、嫌いじゃないけど納得いかんなあってのが初見の感想です。

2回以上観ないとわからないってのもどうかと思うけどなー(^^ゞ


バースデーCATSをやろうと今頃思い(遅いって)びゅうプラザまで行ってチラシを見たら、その頃保守メンテで休演だった!(´・ω・`)ショボーン

キヨミチは李香蘭かな。って京都開幕Σ( ̄□ ̄;)!!

行かないし。

いくらキヨミチ出てても昭和三部作で遠征は絶対しない。

したくない。

何を好んで…誕生日に…そんな、ドーンと暗くならにゃならんのか。

何か他のイベント考えよ。

てか募集。



イリヤ・ダーリン〜日曜はダメよ!のパンフが出てきた。

'95年5月。

みんな若いぞー。

○さん、味さん、カトさんのトリプルキャストなんて、、なんて贅沢なんだ!!


もしかして7月一杯キヨミチがタガるかもと淡い期待を込めて急遽1週間くらい前に思い立って取った7月末日。
思い切り振られたのは月曜のキャス変で知ってたわけですが〜、折角取ったJGLだし、初福井タガーに初坂本グリザだし!

「演目を楽しもう」

(語気強め)で行ってきました。

前回と変わったキャストは、グリザが重水さんから坂本さんへ、久々かな?荒井バブ。
マンカスは福井さんから、おかえり趙さん、タガーが芝さん抜けで福井さんに、マンゴがムーチョから李さん、コリコが塚下さんから徐さん、カーバが斎藤さんから村瀬さん。
とお初のキャストが多かったです。

とにかくもう四季公式ではキャスボ発表方式変更するとか言いやがるので、こうやって前もってある程度キャストわかって券買って観劇するのもこれで最後かもしれないわーなどと思ってると、どんどん切な〜〜い気持ちになってくる。
んーでもでもキヨミチいないからいろんなところを観るぞ!と鼻息荒め。

坂本グリザ
おおう。割と好み。今まで見た中で一番落ちぶれた感が強いと言うか。
肩揺すりながら歩かないのだけでも全然いいな。
最後のメモリー「明日が〜〜」と上げるパターンは初めて聴いたかもしれない。
明日への希望が見えるようで、じわんときた。
歌い終わった後にシーンと拍手が上がらなくて、余韻が凄くよかった。

福井タガー
デカい!声も体も。
色気は足りないなあ。凄い美丈夫ではあるけれど。惜しい。
ホントにタガーメイクはめっさ合ってました。
腰の振りが硬い。もっとやり過ぎなくらいやってもよし。
・・と思うのは芝タガーがデフォルトだからなのか。。
連れ去りではお子様をさらって、席に帰した後は立て膝で手の甲にチュー。
ジェントルだ〜〜。
デコチューは芝タガーデフォなのか?
そういや荒川タガーもやってなかったかも。
グルっと通路回って戻ってきて「カモンッ!」と言ったよこの人は。
「幸福の姿」でのボンバルとの絡みも優しげでしたよ。
頬を撫でたりね。やっぱり雰囲気はアダルティー。
一指も触れずアダルティーな雰囲気を醸し出す芝タガーとある意味対極。
特別寝台はおとなしく馬になったと思ったらカクッと崩れてバブに怒られてました。
暴れん坊将軍というか暴走族というか。
もし吉原タガーがお目見えすることがあったら似た系統になりそう。と思いました。
グリザがメモリー歌ってる時、オーブンの上でずっと背を向けてるんですね。
けしてグリザを観ない。それまでのシーンでも、一切グリザに関わろうとしない。すっと避けていなくなる。
過去に何かあったのかといらぬ想像してしまいそうになるじゃないか。
そのくせ最後はジェントリ〜にエスコートしてあげるんだから、わからん。

久々にオーバーチェアで涙ぐみそうに。
今度いつ猫観るかわからないよなーなんて思いながら。うっかり来週前予してしまわないように気をつけなくては。。

おかえり趙マンカス。
一番しっくりくるかもだが、、、あれれれれ?こんなに訛ってたっけ?
福井マンカスに慣れ過ぎたか?
でも目くじら立てるほどのこともなく。
さわやかお兄ちゃんだわ。
足音が軽やかでいいわね。
福井マンカスは「のっしのっし」だったから。絶対猫の足音じゃねえ。
スロープはけるときもドタバタいうし。
その点趙マンカスはちっとも足音しないもん。猫らしさで言ったら趙さんだに。
マンカスらしさで言ったら
趙さん>福井さん>芝さん
かなあ。
順に、爽やかおにいちゃん系、頼れる兄貴系、家族を守るお父さん系
なんだよね。
グロタイで足引きずってる芝居してるクリューは趙マンカスだけ?
マキャファイトは趙マンカスが一番スピード感と迫力があって好き。
前足を振り下ろすのも思いっきりジャーッってやってるし。
福井・芝は段取りっぽくて。福井マンカスは絶対マキャよりも強そうだもんね。
八百長試合に見えちゃうんだよなー。

ネーミングでは、Lは結構たくさん猫が来てくれてることに改めて気付く。
百々ンボのネーミングはかっこいいです〜。
手すりにガッと足をかけてマドロス立ち。そして舐めるようにネーミング。
くーっ!前の方に座りてぇ!
福井タガーもねっとりと。そしてLの前通路でロープに掴まって、手すりの上に昇る。
昇るから近くなる。ひえー近いよう。下の階を見ているので後頭部ガン見。
その股の下を百々ンボがすり抜け。
千葉ギルも来るし。
「踊り子さんには手を触れないで下さい」
生殺しじゃー。

芝タガーがいないだけでこんなにいろんなところが観えるのかと。。
別の意味で感動。
タンブル&カッサが車の上で仲良く並んで座って手拍子してるのとか。
秋ジェリロがめっさ無表情で踊ってるのとか。

村瀬カーバは初めてだったけど、カーバってあんな好奇心旺盛丸出しな猫だっけ?
ってくらい期待に満ちた目をしてどこにでも顔を突っ込みそうな猫でした。
猫としては間違ってないけど、カーバとしてはどうよ(^^ゞ
ニッカニッカ笑ってるし。ガスナンバーで大あくびしてたのが笑えた。
数こなせばいい感じになってくんじゃないかなあ。

李マンゴ。
悪くない。嫌いじゃない。けどムーチョがいないショックに勝てなかった。
ごめん。

徐コリコ。
ちっちゃい。顔も。化粧白いー。美猫であります。
でも訛ってる。惜しい。
なんかあまり印象に残らなかった。

千葉ギル
多分ゴキタップの時に舞台の下に刷毛落としてた。ひっくり返ってジタバタする前。
タガーナンバーで、タイヤの上で大の字でフテ寝してるのが可愛い。
バストファさんのご馳走をミストと背中合わせで足投げ出して座ってパクパク食べてる姿がやっぱり可愛かったのよ。

今回もミストのスポット消しで拍手が起きたんだけど、あれは静かにメモリーに移行する演出に今からでも変更、修正はできないものだろうか?
スポット消し自体は好き。
笑いもおこるし。いや、笑うくらいはいい。
口を開くから言葉をうっかり発するね。特におばちゃん。
余韻を味あわせてくれ。。

握手はタント。高倉さんの笑顔は可愛い。
タガー締めあり。拍手煽って煽って煽って煽って腕を大きく振ってスポットライト一気消し。チェ締めに似てる。
真っ暗になった後、オーブンの後ろから尻尾と顔を出してご挨拶。
私タガー締め率今のところ100%だよ。

初めて純粋にCATSを楽しんだかも。
今まではキヨミチの一挙手一投足を見逃すまいと、逆に視野が狭くなっていたような気がします。
雄猫が逆三角形のフォーメーションを組んで、その辺に沿うように雌猫が並ぶ形も2階からだと凄く綺麗に観えました。
普通四角い舞台だとポジションを示す番号がバミってあったりするんだけど、あそこはどうなってるんだろう?
よく滑るのによく止まれるもんだ(落ちたという話も聞いたことあるけど)。
秋くらいにはまた観たい。
アルプによれば第三期の売り出しも始まるし、今度こそS回転で!
その時にはどの猫観たらいいか迷っちゃうくらい素晴らしいキャストでお願いします。
客の期待を裏切らないでねハート
来年なったら新猫かなあ。キャスト一新!とか?こわ〜〜〜冷や汗

cast覚書
グリザ:坂本泰子/ジェリロ:秋夢子/ジェニエニドッツ:高島田薫
ランペル:王クン/ディミータ:団こと葉/ボンバル:南千繪
シラバブ:荒井香織/タント:高倉恵美/ジェミマ:飛田万里
ヴィク:坂田加奈子/カッサ:大口朋子
デュト様:石井健三/ガス:キムスンラ/マンカス:趙宇
タガー:福井晶一/ミスト:蔡暁強/マンゴ:李涛
スキンブル:百々義則/コリコ:徐元博/ランパス:幸田亮一
カーバ:村瀬美音/ギル:千葉ヒカル/マキャ:赤瀬賢二/タンブル:岩崎晋也

金がないからもう行けない!と思ってて。

4月に「思い出〜」と絡めて行った時はパスポートの引換券忘れて、シモ様が配達人に戻ったら是非一回は、、別のピコマコでも観てみたい、、と思ってて。

アンコール公演やるって聞いて、でもその期間は絶対行けなくて。

行ける日挙げて残席調べたら(本来の)前楽が残ってたので取ってしまいました。

写真は撮れなかったけど手回しオルガンのおじさん(うふふ)とも握手してもらったし、マリオネット使いさんも近くで見れたし、ウホウホ。

鼓笛隊はあっという間に通り過ぎてしまいました。

2Fは時間がなくて行けなかったけど楽しそうだった。



席はS1下手で、地獄行きの門が見えなかったけど全体的に観易い席でした。

「ショータイム」の呼び声が聞こえて、クラウンさん達が席に座ってるおじさんの後ろからシャボン玉を吹きかけて、隣のおばさん(奥さんかな?)も気が付いて後ろを向いて凄く楽しそうな顔をしていて。

そんなのを見てるだけでこちらも楽しくなってきて、嬉しい気持ちになってきて、涙が出そうになる。

なんで泣きそうになるんだろーなー。

初めて品川でキャッツ観た時にオーバーチェアで涙出そうになった時に気分が似てる。

普段はムスッとしててあんまり笑ったりしないだろうおじさんが、思わず子供みたいな笑顔しちゃうのとか見てると、何だか嬉しくなっちゃうのね。

やっぱ遊園地みたいな夢空間に行くなら、その世界に浸っちゃった方がお利口さんだと思うのよ。



さて、2回しか観れなかったけど、話わかりやすいし、好きだなあ。(ツッコミどころは満載だけど(笑)

1幕終る時「え、もう?」って感じだった。



前回配達人が北澤さんで、今回は荒川さん。

少し前までのキャスボでは北澤さんになってて、出来れば別のキャストで見たかったなーと思っていたので、私にしたらラッキーだったのかも?

怪しい(と言うか胡散臭い)のは北澤配達人の方かのー。

荒川配達人は爽やかに人を騙してそうだ(笑)

やっぱり下村配達人も一度観たかった。絶対一番怪しいのに。。



吉沢ピコ。

他の人を見ていないので比べようは元よりないのだけど、私は好きよー。

子供らしい中におばさんくささがちょっと混じってて(笑)おせっかいでおっちょこちょいで、でも何故か憎めない少女漫画の主人公みたいで(あ、主人公か)。

他のピコも観たいけど、次に機会があった時に(おそらくその時にはキャスト選べないことになってると思うので)彼女が来ても全然OK。



花田マコ。

発音とイントネーションが少し気になる。結構カクカクしてたので。

歌は下手じゃないんだけど、何かクセある。伸ばす音とか。

イメージは悪くないと思う。

今頃、紗乃マコもよかったよなーと思ったり。



光枝デビル。

言うことないので再演する限り演じ続けて欲しい。



涼太エンジェル。

爽やかだー!生徒会長みたいでした。学ランが似合いそう。青い山脈歌って欲しい。

海に向かって「好きだー!」と叫んで欲しい。

台詞の言い方は結構普通で「みんなが幸せだったらいいなあ」ってのも嫌味がなくてよかった。

鼓笛隊さんの写真撮りたかったんだけど人だかり多過ぎて全然ダメだったのよね(^^ゞ



野中ヤクザ。

マッシュおにぎりの食べ方上手いなあ(見るとこ違う)。前回バルコニーから観た時は、手の中に少しずつ隠していって、最後はポッケにしまうのが何となくわかったんだけど、今日は全然わかんなかったよ。

踊りにキレがあって好きだわ。

ピコと別れる時にひとり涙を隠して拭いてるヤクザに貰い泣きな私だよ。

マンカス役者が足りなくなったら猫に来てくれないかなあ。



吉原暴走族。

慣れた。声は苦手だけど聞き取りづらいわけじゃないし。握手してくれたしきっといい人だ(ぉぃぉぃ)。

川地部長。

家庭を顧みなかったようにはあまり見えないけどな。いいお父さんぽい。

でもいい人達だし、次の便ではちゃんと光の国に行けたよねえ。



有賀メソ。

やっぱり踊りが激しい。光の国の方の門に飛んで入ってくのが面白過ぎだ。

痩せたかな。あんなに頬こけてたっけ。

歌になると声にバリバリ気合が入るのね。

挨拶で後ろに下がる時口パクで「ありがとうございます」と言っていた。

ハケる時も盛んに手を振っていたけど、知り合いでも来てたのかなあ。



三宅さんはクリクリ目とオデコですぐわかったぞ(笑)

何で今夢醒めなんだろう。またカーバに戻ってきて〜。



最初から涙腺は緩みっぱなしだったで「二人の世界」は2度とも泣きそうになったし、「愛をありがとう」もウルウル。

最後、ピコに光が集まってくるところ凄くよかったと思う。

カテコも何度もありました。

大声を出す男性が近くにいてちょいとビックリした。

隣の男女(仕事仲間?)は開演前と2幕の前とずっと会社の話をしてた。半分悪口、、じゃないけど、嫌いな人の話?みたいな。ここまで来て延々とそんな話しなくてもいいのに。。と思う。

カテコも他の人が立つのをクールぶって見てて、でも最後までいるの。

結局立たなかったし、立てとも言わないけど、夢の空間に来て夢に浸れないのはある意味可哀想だなあと思う。

人のことなのでどうでもいいんですが、、もったいないなあと。



再演あったらまた行きたいなあ。

予定キャストは予め発表して欲しいけど。それによってリピ率は変わるだろうけどね。









(左)後ろに立ってたカップルの男の方が「何?みんなアレ撮ってるの?」とちょっと馬鹿にした様子で言った。その直後にお人形さんがにっこり笑ってお辞儀。驚いてました。(ちょっとザマミロと思った)

(中)泣き続ける子供をシャボン玉であやしてるの。可愛かった〜。

(右)1枚撮らせて下さいとジェスチャーでお願いしたらポーズを取ってくれた。



(左)マッシュ足長さん。握手してもらった!嬉しくてワキワキしてピョンピョン跳ねたら真似されたー動きが可愛かったー。

(右)吉原足長さん。写真お願いしたら近過ぎて「近過ぎる〜」と仰け反ったら吉原さんも仰け反ってくれた。



逆行で見えにくく残念なのですが、マッシュ足長さんが吉原足長さんのほっぺにチューしてました。はははー。



ハンドベル隊退場〜。最後に投げキッスくれてたの可愛かった〜。



スカー様のパネルとツーショットで写真が撮れますよ。悪に魅了された夏・・・



やっと貰った白いパスポート。(もう後がないっちゅーの)



CAST覚書

ピコ:吉沢梨絵/マコ:花田えりか/マコママ:重水由紀/メソ:有賀光一

デビル:光枝明彦/エンジェル:鈴木涼太/ヤクザ:野中万寿夫/暴走族:吉原光夫

部長:川地啓友/老人:維田修二/老婦人:北村昌子/夢の配達人:荒川務


週間出演予定者公表方法変更のお知らせとお願い

ありえねー!!

テンション下がるわー。

発表後の週中の急なキャス変とかやめてケロって話でしょ。

後は劇場行ったら予定と変わってたとかやめてケロって話でしょ。

毎日1時間前でなきゃ確定しないキャスト発表なんて意味がないでしょ。

急な場合は仕方がないと思うけど、あまりにも多いからお叱りを受けてるわけでしょ。

普通ならありえないって!

怖くて前予できないよ〜。

んーまーでも前予は減るかな。次の四季の会の引き落とし先月の3倍だったし。。

お財布の為にはいいかもしれないけど。

皆慎重になって購買率が下がるんじゃないの?

基本理念を崩すつもりはないくせに、お客様のニーズには応えられるのかい?

お客様のニーズに沿わないのは体制そのものなのに?

本末転倒。

もっと役者もお客も大事にしないとさ。

根本的な解決にはならないよ。

あーあ。


月曜恒例となりつつありますが。

今日は本社立ち寄りの為、移動中に携帯でチェック。

案の定orz

暫く放心して、他のチェックしてなかったことに気付く。番長どもに気を取られて忘れてたら、マンゴがムーチョから李さんに。コリコが塚下さんから徐さんに変わってました。

ムーチョマンゴ〜〜!あのひょろひょろーっとしてて慌てん坊でヘタレ気味でイカす笑顔のマンゴに今週は会えないのか。。

芝タガーいないからムーチョ見放題とか思ったのは一瞬だった。

ムーチョも連投だったよねえ。ランペはころころ変わったけど。

李マンゴも楽しみですけど。

あーしかしムーチョがいないだけでこんなにヘコむなんて。

よくわかんないけどダメージ大きいみたい。

趙マンカス、福井タガーと来たらそろそろ増本ディミータが観たいなあ。

今度の日曜はJGLだからディミータ姐さんに思いきり手を振ったるわい。

坂本さんのグリザも楽しみさ。

夢醒めはエンジェルが藤原君から涼太に。配達人は北澤さん。吉澤ピコに花田マコ?マッシュのヤクザが観られるのね。男性3枠の三宅さんもチェックして。

シモ様はスカー続投なのね。ちょっと配達人期待してたのだけど。

何でも都合のよいようにはいかないですねー。





先程webニュースで杉浦日向子さんが亡くなったことを知りました。まだ若いのに。46歳だそうです。

凄くびっくりして凄くショック。

ご冥福をお祈りいたします。





野球に誘われて東京ドームに行きたいのに京浜東北が人身事故で停まった。

時は闇雲に流れていくけれど自分自身は停滞気味だなあ、どっちか言うと。


芝さん7月最終週にきてようやっと猫抜けだー!

趙マンカス復帰。

福井タガー来た。

今度の日曜は初めてキヨミチのいないネコを観ることになるんだわ〜〜。

しかもJGL〜〜。

嗚呼おかしなテンションになってきた。

あわよくば7月いっぱいタガるかもと淡い期待を抱いてたんだけど(´・ω・`)

でも福井タガー観たかったのでよしとする。

キヨミチお兄様楽しみにするよぉ。


先週の創立記念日を区切りに一旦猫お休みしようと思ったのに昨日また行ってしまったので…。

書き留めておきたいことが細かいツボまであげると結構あって、なかなか筆が進みません。

書きながらぼんやり思い出し笑いしてる姿は多分に不気味だと思う(笑)

この分だと芝さん7月一杯タガるかもしれんのね。

でも五反田一周年にはいるかもしれんよね。

「タガーは腰が命」と言い、普段からナチュラルな腰の動きを心がけているであろう芝さんが好きです。



関係ないですが今公演中の星組「ソウル・オブ・シバ」

「ソウル・オブ・芝」に脳内変換されて困っています。。



Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM