性懲りも無くまた前予してしまいました。

今週こそはと思っていた芝タガーが続投なんですもの。

久々にギルが交代だし。何より芝タガー暫く見納めかもと思いながらいささか緊張気味でした。

キャストに大幅な変更は無く、デュト様が種井さん→石井さんへ。ギルが萩原さん→千葉さんへ。

ハギルと並んで好きな千葉ギル。

請求書の20日締めを頑張って、大崎から走りました。



席は初めてS1下手。5月に五反田デビューしてから8回目の猫になります。

今までS1センター、JGL、A2下手、S1上手、JGL、S2上手、A1上手ときて、これで後観てみたいのはJGRとS回転。B,Cも残席があれば観てみたいけど、Cなんかあっという間になくなっちゃうもんな。

弟に電話を頼んだので選択の余地がなく、取れたのが幸いとは言え今までの席運からいくとかなりハンパな席でした。

なんつっても列の真ん中だから猫と触れ合えない。

無理しても通路側をとるべしと思いました。



目チカは殆ど誰が近くを通ったのかわかりませんでした。

ネーミングは、近くを通ったのが多分ディミータ姉さん。はしごで2Fに昇っていったのが多分コリコ。

握手も遠かった。。下手にバブ、上手にガス。キョロキョロしてました。



隣のカップルの男の方が明らかにやる気なさげ(笑)、近くにはサンダル脱いで体育座りな若者達、前は忍耐力のなさそうなお子様達。。

と萎える環境ではありました(^^ゞ

開演押し気味で、コリコが見えた時にはちょっとほっとした。

ジェニエニナンバーで携帯鳴った(怒)



車のボンネットが真正面。機関車も真正面からの位置から見えて新鮮。

全体的にお疲れモードに見えた。

蔡ミストはいつものターンのキレがなかったような気がする。



芝タガー、ノリは抜群。

タガーナンバー、飛び出して開口一番「ふわ〜〜〜〜〜お」そして「フンフンッ」

腰が命を実践するかのように腰回しております。やけくそなんじゃないかと勘繰るほどだ(笑)

ご無用〜ジャンジャン!と締めた後もずっと腰を回してました。

表の時は裏側さ。の「さ」を下げて歌ってました。

キテレツな奇声も増えてる。喉は本調子でなさげ。

髪をかきあげるような仕草が多い。

ずっとクネクネしてた。「いやん」みたいなポーズとか。

どこだか最後の方でタイヤの前でレッグウォーマーの上から足をポリポリ掻いて、そしらぬ顔して舌をベロベロ出してるのがお茶目でした。

デュト様ナンバーの高音が厳しそうだった。福井マンカスも高音ギリギリっぽい。でも低音の響きには痺れた。

幸せの姿のボンバル姉さんとの絡みはかなりアダルティー。

チュー寸前まで顔を近づけて頭をすり寄せて、お互いに非常に名残惜しそうな雰囲気がありました。

特別寝台は片膝付いて尻尾ギターで熱唱(笑)

カテコで一列になるラインダンスの前、ディミとツイストでお尻すりあわせておりました。

最後のご挨拶は真正面なのでグー。

捌ける時、JGLへのアピールが激しいような気がした。タガーは気紛れだからいつも同じとは限らないんだけどねん。



石井デュト様の声の伸び、好き。カテコもお茶目。

千葉隊長、棒ぶんぶん振り回しててステキです。

坂田ヴィクは足の振り上げにためらいが無い。バリバリ踊ってる時って優雅さはないなあ。(でも好き)



マキャファイトが段取りぽく見えてしまったのは気のせいかなあ。

なんか、モットスピード感と緊迫感があったような気がするんだけど。

見過ぎて自分の中で新鮮味が失せてきたのかも。。と少し反省。



タガー締めあり。ヤンキー座りでアカンベー。後ろ向きで拍手煽る。いいとも締め成功。親指立ててグッジョブ。ミストの真似失敗。コケ。正座して頭ぽりぽり。リモコン消し。

スポットライトを呼んでる時の表情が非常に豊かで、嬉しくなる。



今回はメモリーの後の静寂がよかった。

次は芝タガーにいつ会えるかのぉ。。







cast覚書

グリザ:重水由紀/ジェリロ:秋夢子/ジェニエニドッツ:高島田薫

ランペル:王クン/ディミータ:団こと葉/ボンバル:池田さやか

シラバブ:山本貴永/タント:高倉恵美/ジェミマ:飛田万里

ヴィク:坂田加奈子/カッサ:大口朋子

デュト様:石井健三/ガス:キムスンラ/マンカス:福田晶一

タガー:芝清道/ミスト:蔡暁強/マンゴ:武藤寛

スキンブル:百々義則/コリコ:塚下兼吾/ランパス:幸田亮一

カーバ:齋藤翔/ギル:千葉ヒカル/マキャ:赤瀬賢二/タンブル:岩崎晋也

やってからあーだこーだ言いたい性格です。

観てみなきゃ面白いかつまらないかわからないし。

脚本が…でも自分なりのツボを見つけられるかどうかもポインツ。

食べてみなければ旨いか不味いかわからない。そんなに旨くもないけれど何となく癖になってやめられない味に出会うこともある。

まあ、だから今週の芝さんはどうだろうとうじうじしてるよりも、「行っちゃえ」と。折角平日ソワレ間に合うとこに勤めてんだから。

金の心配は後でします。猫抜けの前にせめてもう一度。



先日昭和三部作の制作発表がありました。

シアターガイドやターミナルの方が公式より早いよ。写真も大きくてわかりやすい。

李香蘭は野村さんと五東さんのWキャスト。杉本に芝さん。

異国は石丸さん、シモ様のWキャスト。これには驚愕。

南☆は保科に阿久津さん。リナがあーちゃんとアツのWキャスト。

今覚えてるのはこれだけですが、やっぱりと言うか何でよと言うか芝さんの保科はなかったことにされちゃってるぽいのが腑に落ちないわ。

アダルトコンビの組み合わせで来たら券取ろうと思ってたのに結局一度も登板せずに終っちゃった。あの何とも言えない悔しさ、苦々しい思いを忘れられないのよ。

今回はアツが観たいから一公演は取る。

異国はシモ様に興味あり。どんな風になるんだろ?

秋口はいろんな演目が入り組んでるので全く読めませんなあ。

芝さんは李香蘭の後また猫に戻るのだろうか。地中海に行くなら頑張るよ私。



昨日は飲んで終電だったのですが、家に連絡した時に嬉しいブツが二つも届いていることを知る。

今日に限っては早く帰りたい!てかこんなに早く帰りたいと思ったことは久しくないだろうというくらい。

ひとつは静岡特番「CFYがやってくる」のDVD。ヒナ様ありがとうm(_ _)m

ひとつは待っていた手紙のお返事でした。

うほうほしちゃって眠いのになかなか寝られなかった。

番組の感想などは別項で。夜中なのに4回くらいリピしてしまいした。



昨夜キャスボ見た時にカーバが齊藤さんから村瀬さんに変わってる!と思ったのは見間違いで今日のマチネだけ村瀬さん、これから行くソワレは齊藤さん。

しかし明日以降週末未定。少し気になる。

三宅カーバ見たいなあ。トボけてて目がクリッとしてて可愛いんだよね。そんでポーズとかやることが結構大胆(笑)齊藤カーバももっと遊んでもいいよ。

さてではいざ出陣。


10時と同時にキャスボチェック。

しぇ〜〜〜!芝タガー続投なんですケド!

流石にそろそろ猫抜けするだろうと思っていたので「冗談でしょ?」と口に出して呟いてしまったよ。

李香蘭開幕は8/14で、今日がどうやら製作発表らしいデス。

抜けるのか抜けないのか。

それと別にしても少し休んでいただきたい。

なんかこういう感情って伝染するみたいで、どこでもかしこでも心配されまくってるみたいです。

今週もタガるなら観に行きたいんです。スケジュールはタイトだけど・・。

ハギーがエジプトに行って、千葉ギルが戻って来てるので久々の棒術も観たいし。

百々スキンボが続投なのでもう一回観たいし。

アイーダと言えば、今週ちえぞうが来てるので激しく観たい。

福井ラダメス観たいけど、仮にキヨミチ抜けて趙さん戻ってこなかったらマンカス抜けられない?

ロングランやるならもっと層厚くしないといかんのでないの?



ジェリクルソングが頭の中をグルグル回っています。

♪嵐がくるその気配を見逃さずに感じられるか〜

(無理無理。出来てたらもっとうまく立ち回ってるさ〜)

♪どんな時でも遊べるのか〜冒険には挑めるか〜

(その結果がこの様さ〜〜)



あー心配だー心配だー。

仕事が手に付かんよー。

眠いよー。

今日は劇団四季の役者さん、マッシュこと野中万寿夫さんのお誕生日ですの。

マッシュお誕生日おめでとう

おぅ。ギリギリ間に合ったぜい。

1週間前まで覚えてたのにさっきまで忘れてた。

許せ。。

こないだ夢醒めからヤクザ抜けてどこに行っちゃうのかと心配したら東京LKのスカーに入ってた。

LKは特にどうしても観たいという気にはならんのだけど野中スカーめちゃめちゃ見たかったのねー。(今は下村スカーが猛烈に観たい)

今月末、夢醒め(本来の)前楽の券を持っているのだけど、マッシュのヤクザが観れるかな。シモ様の配達人がもしかして観れるのかな。と淡い期待をしております。

やはり6、7年のブランクを経て四季を観始めると、以前から知っている顔や名前に敏感に反応してしまうようです。

マッシュは渋系で好みの役者さんの一人です。はい。



**********



3連休の二日目。ダメダメな一日でした。

暑くて体を動かす気にもならず。少し片付けたけど本当に少しだけ。

ヒナ様に送るDVDの編集をやっと終え、四季の公式でカレンダーのプリントアウトをする。

うちのはテレビの観られるパソコンなのだけど、この間から調子がおかしく、どうやっても起動しない。

アンインストールとインストールを繰り返してもダメ。

常駐ソフトも減らしたし、HDDの容量も物理的に増やしたんだけど。

最適化とデフラグもしてみたんだけど。

初期化・・は嫌だな。いろんな物が入り過ぎてる。

もうちょっと元気のある時に考えよう。



なんですかね。3日目なのに量が多くて、だりだり〜んなわけですよ。

明日早起きして名古屋に行くのございますが、今日にしなくてよかった。&今日に用事を入れなくてよかったと思う。

3連休の2/3をだりだり〜んで潰すのって、、不本意(´・ω・`)

その分明日頑張って来ます。



親が寝てくれたのでHDD→DVDRへのダビングを少ししてから寝ます。

ディスクの空きの関係で高速ダビングが出来ないので、ついうっかり観てしまっている「片腕カンフーVS空飛ぶギロチン」という映画。

これ機会があったら是非観て頂きたい。

非常にくだらなくて、主人公が結構卑怯者です(笑)

タランティーノも大好きというB級ぶり。

インド人も吃驚!




実のところ、猫は今日のこの回のみの予定でした。

1回は観ておこう。と前もって取ったのはこれだけ。

今までのは全部衝動買い。

6000回以外は全部前予で行ってしまいました。

こんな私に誰がした〜(爆)



今回は初めてA1上手です。久々に一人観劇なので少々緊張。

前回観劇時と変わったキャストはランペが真鍋さん→王クンさん、バブが八幡さん→山本さん、スキンブルが鈴木さん→百々さん

何と言っても注目は百々ンボ!・・と思っていたのに結構他に目を奪われていたみたい私。

百々さんと言えばランパス、というイメージが強かったので、かなり直前まで百々パス〜と浮かれていて、よく見たら、あれ、涼太がいない。と。マヌケ。。

自分が五反田デビューしてから初めて涼太じゃないスキンブルが百々さんなんですね。

(と言いつつあまり見てない私って・・)



開演が少し押したような気がするも、セットの向こうにちょこんと座るランパスが見えると、いよいよ来たな、とワクワク。

目チカはボンバルだったような・・。縞模様の後姿だったような気がするけどよく見えず。

軽い興奮状態にあったのか、初っ端のドンから目元がうるうるしてしまった。



ジェリクルソング

なんで「その孤独を」と歌うグリザに今まで気付かなかったのかようやくわかった。オーブンの上のタガーをずっと見ているからだわ(^^ゞ

同様に他の猫の登場も見逃すわけだ。

タガーのポジションが下手の奥なので、他の猫に被ってあまり見えない。

おのずと他猫観ることになるけれど、私の最近注目は大口カッサ。側転で舞台に飛び込んでくるとこなんか動きにキレがあって凄い好き。

クワイヤーでは芝タガーに重水グリザが被る。グリザの立ち位置ここだったの初めて知る!

今まで殆ど下手から観てたから、ちょっと新鮮。



ネーミング

下手側通路のセンター寄りを大口カッサが四つん這いで後方へ上っていく。上手通路を岩崎タンブルがねめつけるようにゆっくりと移動。

私は通路より内側だったので両側とステージ上の福井マンカス、JGLの芝タガーをキョロキョロとせわしなく見てました。



タガーナンバー

芝タガーめっさ弾けてました。

A1上手だったので見えないところも多かったですけど、凄かった。

初っ端の「ふぁ〜〜〜お」も「みゃお」も可愛いくてセクシー(アイタタタ)

♪信じるものなど何にも「なーいっ!」と最後上げるパタンは私初めてかも。

「ごむ〜」いつもより伸ばしてて、何だかとんでもない高みに昇ってってしまってるタガー様で、あまりのことに記憶が飛んでます(爆)



バストファジョーンズさん

スンラさんのちょこちょこ歩きが可愛い(笑)金時計を出しての決めポーズも表情がお茶目。

マキャビティの影に怯えてスプーンをブンブン振り回してるのも、やっぱりあたふた逃げてしまうのも憎めないです。

カーバがバブにご馳走を持って行ってあげようとして皿をひっくり返してしまって、凄く気まずい雰囲気になってるのが可笑しかった。



幸せの姿

タガーとボンバル姉さんとの絡みが、姉さんの背中しか見えなかったのでよくわからず。

タンブル&カッサのタイヤの踊りの時、他の猫はじっとしてるのに、芝タガーは頭をブルッと振ったり口を大きく開けてモグモグしたりと猫らしい仕草を時折しているのがポインツ。



ガスナンバーでのタンブル&カッサのいちゃつきも相変わらずで。

最初は岩崎タンブルが大口カッサの頭をペロペロ舐めてあげてて、それから手で掻いてあげてました。

カッサは階段の下の方が気になるか、身を乗り出してタンブルに引き戻されてました。

それからカーバが猫招きみたいな振りでタンブルにちょっかいを出すも「何だお前は」てな顔で相手にしてないっぷりが何ともツボ。



グロタイ

萩原隊長がグロールタイガーとグリドルボーンがいちゃついてるのを船の帆先で微動だにせず冷ややかに見つめてるのがいい。ちょっと斜でね。カッコいい。

カッコいい。・・けど何度見ても何故ここで「アチョー」なのか、何故ヌンチャクぶんぶん見せびらかしてポイするのか、わからんなぁ。

グロタイの胴を薙いだ後の片膝付いたポーズが好きよー。



スキンボナンバー

百々ンボ〜。涼太君とは違って落ち着いた雰囲気。列車オタクのやんちゃ坊主ではなく、頼りになる車掌さんみたいでした。

あー、でも列車の型式には詳しそうな感じだからやっぱりオタクかもしれん。。

スキンブルって派手に激しく踊ってるイメージがないんですけども、もしかして元からあまり踊ってない?それとも私が見てないだけ?(^^ゞ

芝タガー特別寝台では、床に仰向けに寝転がったまんまでずりずり回ってて、やっぱりバブに怒られてました。

ヤクマンにはネコパンチで向かおうとするも、そのままちょこちょこ歩きでユーターン。タントとかに「だらしないわね〜」みたいな顔されてました。



ミストのマジックでデュト様を出すところ、芝タガーもぞもぞ動き出した赤い布にむかってハンドパワーをばりばり送ってて、ミストに「あんたがやってもしょうがないじゃん」みたいな顔されてました。



ご挨拶はタイヤに隠れてタガー丸っきり見えず見えず(涙)真正面の坂田ヴィクを見る。

でもポージングは芝タガー真正面。膝にボンバルを乗せてて羨ましか〜。



握手は武藤マンゴと。ムーチョめっさ笑顔で、最近この笑顔に癒されてる気がする。

3列前まで位は芝タガーが来てて、そっちも見たいし気になるし、で、でもマンゴ!ありがと!



握手終って決めポーズの後、福井さんがすっと前に出ました。

それからご挨拶があり。忘れてたのですが劇団四季の創立記念日だったのです。

本当に福井さんが喋りだすまで念頭に無かった!(すまん〜)

会場中からどよめきとやんやの歓声。

堂々としたいい挨拶でした。



タガー締めあり。アカンベー→拍手煽り→いいとも締め一発で決まり→グッジョブ!→ミストの真似失敗→コケ、頭ぽりぽり→正座してリモコン消し。



今回思ったこと。

やっぱり坂田ヴィク好きだ。ヴィクソロで床にスプリットで下りるところが凄く滑らかなのだ。

すーっと。

金井さんで観た時はズルズルズル、ペタン。だったので、違うなあと。

福井マンカスとても楽しそうに見える。ジェニエニナンバー、ヤクマン、機関車で蒸気出す係。

通路を後ろからのっしのっしと歩いてくるとデカいんでびっくりする。

萩原ギルは可愛い。表情がコロコロ変わる。体型が非常に好みなのであまり目の前をうろうろしないで欲しい(^^ゞ

最後一列に並んで、赤瀬マキャ最上手なんですが、体格よくてめっさ腹筋割れててビビった。



今日はミストのスポットライト消しで拍手が起きてて変な感じ。



きりがないので以上m(__)m



cast覚書

グリザ:重水由紀/ジェリロ:秋夢子/ジェニエニドッツ:高島田薫

ランペル:王クン/ディミータ:団こと葉/ボンバル:遠藤瑠美子

シラバブ:山本貴永/タント:高倉恵美/ジェミマ:飛田万里

ヴィク:坂田加奈子/カッサ:大口朋子

デュト様:種井静夫/ガス:キムスンラ/マンカス:福田晶一

タガー:芝清道/ミスト:蔡暁強/マンゴ:武藤寛

スキンブル:百々義則/コリコ:塚下兼吾/ランパス:幸田亮一

カーバ:齋藤翔/ギル:萩原隆匡/マキャ:赤瀬賢二/タンブル:岩崎晋也

月曜のキャスボにはかなりヤラれました。



まず猫。

今週こそはいよいよキヨミチ猫抜けかと覚悟決めておりましたが、芝タガー続投!福井マンカスも。エジプト行かないのかい?蔡ミストもだ。よく見るとスキンブルが百々さんに。暫くランパスだと思い込んでたら涼太が抜けてた!

抜けてたのは私だよ。。



LK東京ではマッシュに代わってシモ様がスカーに。

夢醒めにマッシュがヤクザで戻り。

怪人は高井さんが12週振り?に村さんと交代。ラウルは北澤さんが1週間で佐野さんと交代。クリスとカルロッタ未定でつ。



実際のところ7月には李香蘭の稽古抜けするんじゃないかと予測してて>芝さん

(あーでも野村さん旅回り中だったわね。)

6000回公演も出るのやらどうなのか危ぶまれたし。流石に休みなしで腰振ってますんでそろそろ休み〜あげてくれ〜と思う。方々で喉の調子とか心配されてますが(^_^;)

タガー要員今3人?マンカスも?

キヨミチ抜けたら趙さんマンカス&福井タガー?

スンラさんをタガーのローテに入れてガスを村さんと二人で回す?

高井さんは引き続き地下に引きこもり。。



猫は今週の券持ってるので嬉しい反面複雑な気持ち。

ハラハラ心配しながら観るのもなあ。どんどん痩せてってるのが痛々しいことになっていなきゃいいんだが、と。

いて欲しいけども休んで欲しい。

もう心の中では趙さん戻りのキャストを予想してたので。大概裏切られることが多いんだけど(笑)



怪人は先週、高井、沼尾、北澤で観て結構よかったので行っといてよかったと思いました。

夢醒め、元の前楽持ってんですがどんなキャストでくるんでしょ。

一度下村配達人で観たい。吉原ヤクザも観たかった。西尾暴走族も。読めないなあ。


前回とかなり違うキャストなので楽しみでした。



高井さん、粘着度が上がってますっ!!後半はもっと壊れちゃっても許します私は。

クリスが好きで好きでたまらない発狂寸前まで一度やってみていただきたいものです。

沼尾クリス、声が可愛らしくて、私のイメージするクリスにかなり近い。よかったです。歌もお芝居も。

北澤ラウル、心配してたより全然よかった。口髭が微妙。似合ってんだかなんだか私には判断つかないわー。あまり子爵様っぽくはなかった。口元に品がない・・というか(主観)、何だろう、目元とか、エロい。

歌も台詞もまだ棒だけど、佐野さんのカクカクよりずっと自然でよかったと思いました。

「アイラーーーーユーー」もどうかと思うけど(^^ゞ



2階のB席比較的観易かったですが、やっぱり音響は今ひとつ。

カルロッタの高音がつらいです(涙)PAさんの方であれはなんとかしれくれないかしら。

脳天に突き刺さると言うか。

カルロの超音波に対してクリスの清楚で可憐で素直な歌声がいいという、ね、そういう話ではあると思うんだけれど、それはわかったから他の人の声も聴こえるように上手く調整して欲しいのですよ。

執務室なんか本当にカルロが歌い出すと他の人が何歌ってんのかさっぱりわからん。

マダム・ジリーが腰に手を当ててめっさ腹式呼吸で歌ってるのに聴き取れんてどゆこと。

本気で辛かったですわ。岩本さんは悪くないと思いますが。。



今回は最後の三重唱が結構聴こえてよかったです。

しかし何度見ても首吊られてるラウルはマヌケですな。「僕を見捨てろ」ですから。何の為に来たんだ君は。。挙句に歌いながらラブラブで帰っていくし。

ファントムが可哀想になっちゃう。

ジャンプして蝋燭の火でロープを切るファントムは・・・・・・可愛い。

ピョン!だもん。ピョン!



ストーカーなファントムも大概だけれど、人が死んでるのに屋上で愛を確かめ合っちゃってる二人ってどうなんでしょう。アハハアハハと笑っているし。そんなに嫌われていたのかブケー・・。

それよりもなんで上に逃げる?

なぜオペラ座を離れないのかクリスティーヌよ。ラウルよお前も言いなりになっている場合ではない。

まあでもファントムの縄張りってオペラ座の中だけじゃなさそうなので(墓場とか)何処に逃げても同じかな。



日にち優先で取った券ですが、思いがけずラウルデビューしたての北澤さんが見れてよかったです。

今後に期待してるぞーい。



終演後新幹線で帰るヒナ様を品川駅まで送る。が、大雨で泊まってる。オーマイガッ!

これはやはり朝帰った方がよかったということなのか。

暫く待つが復旧の見込みなく、ホテル探し。駅前は軒並み満室。我が家に泊めることも一考するが、前日泊まったホテルに空きがあり、難局を乗り越える。

具合悪いのにお疲れ様でした。無事に帰れて本当によかったよね。



**********



全然関係ない話で、、何列か前の人がパンフをペラペラめくっていたの。

何気にそれを見ていて目が留まる。

「あ、今、最近気になる岩崎晋也の写真があった気がする!オペラ座もキャスティングされてるん?」

と、自分では買わずヒナ様のパンフを見せてもらうと、、プロフページにいましたいました。

帰ってから猫パンフ観たら「オペラ座にも出演」とちゃんと書いてありましたよ。

オペラ座のプロフページの写真の方が猫より大きかったから、、ということにしておこう。

でも最近本当に、岩崎さんが、と言うよりも岩崎タンブルが気になるんです。









cast覚書

怪人:高井治/クリス:沼尾みゆき/ラウル:北澤裕輔/カルロッタ:岩本潤子

メグ:松本美樹/マダム・ジリー:秋山知子/ピアンジ:藏田雅之

ムシュー・アンドレ:寺田真実/ムシュー・フィルマン:小林克人

ムシュー・レイエ:田代隆秀/ムシュー・ルフェーブル:鈴木周/ブケー:岡智



初めて大入袋を貰いました。私の組合せは「マンカス、バストファ、ジェニエニ」

友人のも見せてもらうと、ランダムではなく一応ストーリーの流れに沿っているよう。

友人のは「ギル、グロールタイガー、グリドルボーン」だったので。

また捨てられない物が増えてゆく。。

パンフもマウスパッドに釣られて・・と言うか、写真も変わってるだろうし買っとくか、と。

記念とか限定に弱いの何とかせねば。

プロフ写真結構変わって増えております。舞台写真は3月号と比べてタガー決めポーズで雌猫がジェリロからヴィクに変わっていたり、見開き機関車も変わってて、月バックのマンカスが芝さんから福井さんに。

また捨てられない物が(略)





(左)劇場内に飾られたパネル。皆さん撮られてたので便乗。ここの前を半円形に人が囲んでいる為、グッズ売場の前が非常に狭かった。

(他)小屋入口。柱が6000回仕様。





(左)(中)哀れ葉っぱだけになってしまったお花。係りの人が分けてくれていたようだけれど私らが出た時には既にこの状態(笑)先に写真撮っておけばよかったなあ。

(右)道しるべ?小屋に向かう方(裏)は普通で、小屋側から見ると6000回Verになっていた。





(左)お昼に食べたグリーンカレー

(右)ヒナ様はフォー





タガーベア。買ってしまったよ。手触りはよいぞえ。

ベルトに尻尾が付いております。ベルトには2重にチェーンも付いております。

襟元にファーも付けて欲しかったなあ。誰か器用な人作って(^^ゞ





ヒナ様と私と1匹ずつうっかり買ってしまったので折角だから並べて記念撮影。恐らくこの2匹今後2度と会わないだろうし。

左ベアのベルト位置に注目。





帰ってすぐファントムベアと並べて撮ってみました。

会社休んで行ってよかったよ(涙)

小屋は6000回一色。凄く興奮する。手に汗かいて、キャストボード見てホッとする。

もぎりのところで大入り袋を貰う。初めて!ただで物貰うって嬉しいなあ。中身はピンバッヂ3個セット。

タガーは出なかったけどマンカスが出たのでよしとする。

小屋の中はやはりいつもと雰囲気が違う。

重たいと言うか、澱んでいると言うか、密度が濃いと言うか、アドレナリンが空気中に放出されまくりな感じ。

それにいつもより人が多いような気がする。ロビーごった返してトイレ行くのも大変。

あ、黒塗りの車が止まって、若いお兄ちゃんがドアを開けるとかたせ梨乃が降りてきた。招待かなあ。

他にも芸能人や俳優さんが来ていたようだけれど気付かなかった。



初めての人も勿論居るだろうけれど、どう考えてもリピーター率の高そうな客席。

拍手のタイミングとかいつもより全然合ってるし。少し先走りの人いたかもなー。

初めての2F上手。いつもと視線が違うので面白かったです。あれよあれよと目移りしてる間に終っちゃった。



目チカはジェニエニ。高島田さんシルエット体型でわかるぅ。

ジェリクルソング。

「地獄さえも〜」タンブル上手スロープで回転を威嚇・・してどうする(笑)

「何もかもを〜」カッサ下手スロープから綺麗な側転で舞台上へ。

オーブンの上で腰をくねらせながら腿をパンと打つ芝タガー好き。

 ジェニエニ。

高島田さんも凄い長いことやってませんか?ネズミ達に子守唄を聞かせる時に「スピョピョピョピョ〜」と言ってるのが可愛いんですけど。

マンカスが毛皮を脱がす前に、タオルだか靴下だかを「くっさ〜」ってやってませんか?

 タガーナンバー。

結構おとなしめと言うか丁寧にやってると言うか。タガーがおとなしくてどうする!

もっと凄いのを見てきたのでちょっと今回物足りないような。

連れ去りは回転からスーツのお姉さん。

暴れまわりながらコリコに頭突きするタガー。「いったー何すんのよもう」てな顔してるのが可笑しくて吹き出してしまった。

 バストファ。

ごちそうにピクーッと反応するギルが可愛かった(笑)

 幸せの姿。

バブソロから皆で静かに歌うメモリーが好きだわ。ここからガスへの流れも静かでしんみりして好きだわ。

上手からだったので、ボンバルと目が合ったタガーが階段を降りながら軽く頭を振って「来いよ」みたいな仕草をするのを見ました。

で、誘っといて行っちゃうのかい?おいおいだね。

 ガス。

秋ジェリロとよぼよぼスンラガス、いい。好き。だけど真剣に見るとマジ泣いてしまうのでタンブル&カッサいちゃつきチェックに切り替え。

上手階段で、寝てしまったのか、下を覗き込んでいたのか、落ちそうなカッサを引き戻すタンブルでありました。

 グロールタイガー。

上から見下ろす萩原隊長がめちゃめちゃかっこいいです。

 スキンブル。

特別寝台のタガーは正座して居眠り。ライトな感じ。鈴木スキンブルは猫と言うより犬っぽい。

 マキャファイトの後、マキャにやられたところを自分で舐めてるマンカスがツボ。ちょっと構ってあげたくなるでしょう。

 天上に昇るグリザを仰ぎ見る猫達。ドライアイスの中に非常に綺麗なシルエットが見えるわーと思ったら萩原ギルでした。めっさ好みの体型かも・・(爆)



結構ギルを見ているのね私(笑)



握手は位置的にはカーバだったんだけど、なんか凄い勢いのおばちゃん達がいてそっちに持っていかれた(^^ゞ



そして芝居が終わり、特別カーテンコールが始まる。

デュト様の歌い出しで猫達が集まり、ジェリクルソングの一節をアカペラで歌う。

猫達が舞台でアルバムをめくり出す。それにあわせてスクリーンにキャッツとキャッツシアターの歴史が映し出される。

私の席の近くには岩崎タンブルが来て、階段に座って一段ずつ降りながら両通路脇のお客さんに「ほら!あれ見てみろよー」と言わんばかりにちょっかいを出してはやんややんやと手を叩いておりました。

握手席は2F下手だし今日は縁ないわ〜と思っていたらこんなところで。。

その頃芝タガーが下手のA席辺りに座ってスクリーンを眺めておりました。

あたしゃタンブルが気になってスクリーンあまり見てないかもだ。

更に6000回と書かれた金の垂れ幕が降ろされて銀テープがバズーカで打ち出される。

天上から垂れ下がって綺麗でした。(けど取るのが大変だろうな・・)

それから、タガーの格好してるんだけれども全く喋りは芝清道!の芝さんのご挨拶。

涙。

最後は何度カーテンコールが続いたのか。

垂れ幕の後ろに消えていく猫達が可愛い。一列に頭だけでして床をバタバタ叩くのが非常に可愛かったです。

最後の最後は、流石に客が帰らないと思ったのかタガー締めあり。

拍手を煽り、いいとも締め。1度失敗し、やり直しをさせられる。2度目は成功し、親指立ててGJ。



もうなんだかよく覚えてるようで覚えてません。

その場に居合わせて、同じ空間で時間を共有できただけで満足幸せ。



そだそだ。大事なこと。

キヨミチお誕生日おめでとう





cast覚書

グリザ:重水由紀/ジェリロ:秋夢子/ジェニエニドッツ:高島田薫

ランペル:真鍋奈津美/ディミータ:団こと葉/ボンバル:遠藤瑠美子

シラバブ:八幡三枝/タント:高倉恵美/ジェミマ:飛田万里

ヴィク:坂田加奈子/カッサ:大口朋子

デュト様:種井静夫/ガス:キムスンラ/マンカス:福田晶一

タガー:芝清道/ミスト:蔡暁強/マンゴ:武藤寛

スキンブル:鈴木涼太/コリコ:塚下兼吾/ランパス:幸田亮一

カーバ:齋藤翔/ギル:萩原隆匡/マキャ:赤瀬賢二/タンブル:岩崎晋也

まさか自分でもマンスリーCATSとか一ヶ月3CATSとかやると思わなかったなあ年の始めには。

JCSリピした時からわかってたことかもしれないけど。エバも結構観ちゃったしな。

まだ仕事が手につかないとか夜も眠れないなんて事態には陥ってません。

それが唯一の救い。

今週はキャスボ発表になってからマキャが高さんから赤瀬さんに変更になったようです。

グリザは重水さんだったり早水さんだったり、見る度に違うような。。

落ち着かないから勘弁して欲しい。

過度の期待しない方がいいのかしら。さめざめ。

そりゃキヨタガー一生観られるとは思ってないさ。でも可能な限り観たいんじゃ。

単純なファン心理よ。わかって。あーあと、一度でいいから観てみたいのはキヨマンカスと福井タガーの組み合わせ。

一番はタガーが観たいけどマンカスも好きなんだなあ。

趙マンカスもシャープで好きなのですけど一編に観るのは無理なのよね。



近所のアパートに可愛い猫がいる。グレイと白の縞。

カーテンと窓の間がお気に入りらしく、いつもそこにいる。一番涼しいのかもしれない。

朝からその子に勝手に挨拶しながら(大抵無視されるので(^_^;)猫になりたいよと思うのでR。







Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM